(【シンママ奮闘記】今日もてんやわんや

【シンママ奮闘記】今日もてんやわんや

~経験をスキルに変えて自分らしく生きる~

MENU

【トマトジュースで簡単とろ旨ロールキャベツ】

子どもたちも大好きな自慢のロールキャベツレシピ♪

かなやんです♪

わが家の ロールキャベツは子どもたちに大人気で、作って作ってとせがまれキャベツの美味しい時期に時々こしらえます。

お鍋に沢山作ってもあっという間になくなってしまう、自慢のレシピをご紹介します♪

時短料理も魅力的ですが、時々手間暇かけてコトコト煮込む料理も良いものですよね!

 

f:id:kanayanmama1:20210301221159j:image

 

 材料(12個分)

  • キャベツ大きめの葉 12枚

 タネ

  • あいびき肉     300g
  • 玉ねぎ       1個
  • 卵         1個
  • パン粉       50g
  • 牛乳        50㏄程度(パン粉がしっとりするくらい)
  • 塩コショウ     適量

煮込み用

  • トマトジュース  300cc
  • 水        300cc
  • コンソメ     顆粒なら大さじ2 固形なら2個
  • 酒        50㏄
  • 塩コショウ    少々(お好みで)

 

キャベツを綺麗に剥がす裏ワザ 

 1⃣

キャベツの芯に切れ目を入れ大きめの鍋にお湯を沸かし、茹でながらキャベツの葉を一番外から剥がしていく。

 

f:id:kanayanmama1:20210301221136j:plain

 

2⃣

茹でながら一番外側から剥がすと全く破けませんよ!

一枚も破けず綺麗に剥がせましたね♪

 

f:id:kanayanmama1:20210301221132j:image

 

タネの作り方

1⃣

タネの材料を全部混ぜ合わせ、ひとまとめにする。

(巻きにくいのでキャベツの芯の部分をそぎ落とし、捨てないでみじん切りにしてタネに加えてと甘みが出て美味しくなる♪)


f:id:kanayanmama1:20210301221153j:image

 

4⃣

12等分する。

 

f:id:kanayanmama1:20210305230325j:plain

 

楊枝が要らないロールキャベツの巻き方

煮込むときにはがれるのが心配であれば、キャベツの内側に小麦粉(分量外)を茶こしでふっておく。省いても大丈夫!一個目を巻くときは忘れてしまいました(笑)

 

1⃣

タネを手前に置く。


f:id:kanayanmama1:20210301221127j:image

 

2⃣

片側だけ折り込みながら巻いちゃう!

小麦粉後から振りました(笑)


f:id:kanayanmama1:20210301221141j:image

 

3⃣

折り込んでいないほうは、巻き終わってから中側へに指でツンツン押し込み、形を整える。

 

f:id:kanayanmama1:20210305230248j:plain

イイ感じ♪

f:id:kanayanmama1:20210301221120j:image

 

ほら!綺麗に巻けました♪

楊枝も要りません。


f:id:kanayanmama1:20210301221146j:image

 

4⃣

同様に12個作る。

 

f:id:kanayanmama1:20210305230213j:plain

 煮込み方

1⃣

大きめの鍋にオリーブオイルをひき、巻き終わりを下にして崩れないようにサッと焼いておく。このひと手間でうまみを閉じ込めます。


f:id:kanayanmama1:20210301221112j:image

 

2⃣

煮込み用の、トマトジュース、水、コンソメ、酒、塩コショウを入れ、アクを取り落し蓋をしてコトコト30分くらい弱火で煮込む。


f:id:kanayanmama1:20210301221124j:image

 

5⃣

煮汁が半分くらいになったら出来上がり♪


f:id:kanayanmama1:20210301221117j:image

 

6⃣

盛り付けてお好みでドライパセリや、あらびきブラックペッパーを振りかけて完成!

 
f:id:kanayanmama1:20210301221156j:image

 

煮汁トロトロ我家のロールキャベツ完成♪

熱々で、とろ旨ジューシーなロールキャベツの完成です!

我家ではみんな大好きで、もう20年以上このレシピで作っていますよ( *´艸`)

タネもこね過ぎないので、ふわふわっととろける美味しさです♪

 

最後に

特に難しいところはなく、トマトジュースで簡単に作れるところがポイントなので、皆さまも是非、作ってみて下さいね!