(【シンママ奮闘記】今日もてんやわんや

【シンママ奮闘記】今日もてんやわんや

~経験をスキルに変えて自分らしく生きる~

MENU

【ヘルパー困惑!絶対に受け取れない物とは】

年末のご挨拶


アラフィフシンママ介護士のかなやんです♪

今年も残すところ3日となりましたね。。。

一年なんて、あっという間です。


ヘルパーのかなやんは、今年最後の訪問の方には

一年間のお礼を込めて、暮れのご挨拶をして退室します。


本日最後の訪問でご挨拶の際、玄関先で利用者様から差し出されたものは。。。



f:id:kanayanmama1:20201228234345j:plain





【のし袋】でした(゚Д゚;)!!!


一年間の感謝の気持ち


『一年間、大変にお世話になりました。』と書かれたのし袋


とっても とっても とっても嬉しい事ではありますよ。


気持ちもありがたいです(*^-^*)


それでも絶対に受け取ることは出来ないんです!


『言わなければ分からないから』と必ず言われますが。。。


絶対に後から何処かでポロっとこぼれるものです(^▽^;)

『誰それは○○○で○○をしてくれた!』


また『誰それの○○ちゃんに○○○をあげた!』



残念ながら、ちゃんと聞こえてきますし


後で問題になるようなことは避けたいので


気持ちだけお受けし、丁重にお断りしたのです。





介護職のコミュニケーション力の発揮どころ

経営者だった方なので、プライドもあり


一度出したものを引っ込めるなんて絶対出来ないんですね(^^;)


一歩も引かないで追いかけてくるから参りました💦


何度も押し問答です(笑)




f:id:kanayanmama1:20201228234527j:plain





今日、渡すことも楽しみにされていたのでしょう。。。


その心遣いを傷つけないように


『お父さん、それじゃあこれで美味しいお饅頭を一緒に食べましょうよ♫』


そういうと、じゃあそうするかとやっとのし袋を引っ込めてくれました(^^)v


気分を害さないように、かなやんも必死でしたし


お金はやはり、マズいです。はい(;^ω^)




元経営者ならではの気持ちの表し方だったと思います。


今日のお父さんも会社経営の現役時代


年末になると【寸志】を渡したりしたのでしょうね。きっと(笑)




f:id:kanayanmama1:20201228234553j:plain




寸志とは


「少しの気持ち」「わずかの厚意」という意味で、贈り物をするときには「心ばかりの贈り物」という意味で使います。

基本的には贈り物や金銭を贈る側が謙譲して使う言葉です。


ビジネスシーンで会社から社員に渡される場合は、ボーナスほどの額でもない、と言った意味です。


新入社員やパート、アルバイトの場合にはボーナス代わりに寸志を支給する会社も多いようです。

とにもかくにもヘルパーも、謙虚さを忘れず


働かせていただいている事に感謝しつつ


明日も又頑張ります!


最後まで読んで頂き(人''▽`)ありがとうございました☆彡